トップガン・マーヴェリックは面白くないと酷評があるって本当?トムクルーズの魅力も解説!

トップガン・マーヴェリックは面白くないって本当でしょうか?

トップガンのどこが面白かったか教えて下さい!

という書き込みを見つけて、すでに夏も終わりに近い8月3週目、見に行ってきました。

結論としては、私は自分の青春時代、初めて日本で公開された時の1986年に記憶が呼び戻されて、まるで同窓会に行ったような感覚になりました。
個人的館jこうなのかもしれませんが、懐かしさで涙で見終わった、という状況でした。

あくまでもこれは私見かもしれませんので、みんなの意見をまとめて解説いたします。
では、早速行ってみましょう。

トップガンが興行収入100億円突破?

いきなりですが、こんなTwitter見つけました。

おいおいおい、この数字って、どういうこと?

予想以上の興行成績ではないでしょうか。

おそらくですが、夏休みになり、コロナが猛威を振るい遠出をせずに近場でのレジャーを楽しむ人が多くなったり、前作から35年の時間を経て、懐かしいと思って足を運んだアラフィフ以上の方が多かったというとでしょう。

トップガンのマーヴェリックはアメリカのヒーロー?説

35年前のアメリカ、トムクルーズは今年で60歳なので、第一作目の公開時は25歳でした。

今でもいろいろな映画に出演し俳優として世界のトップクラスとして君臨しているトムクルーズですが、当時は新人でした。
トムクルーズは身長がも170センチと、アメリカ人としては低身長で、ギャラもまだ薄給でしたが、このトップガンで一躍有名人となります。

同じようにパイロットを主人公としたリチャード・ギアの「愛と青春の旅立ち」も人気が出ましたが、当時の映画音楽が主演の演技力をカバーするくらい内容を盛り上げていきます。

トップガンの一作目は日本でもこの35年で何度もテレビで放映され、話もみんなが知っているパイロットの成長過程を描いた青春ストーリーです。
今回はトムクルーズが実年齢の60歳になって、36年ぶりのマーヴェリックを演じるわけで、脚本もトムクルーズが年を取ったマーヴェリックをリアルに描き、変化の部分がまず描かれています。

前作の痛ましい事故で訓練中に亡くなった親友のグースの息子がルースターとして登場。マーヴェリックの贖罪と書かれている評論家も多いのですが、過去を36年後どのように良いストーリーに仕上げるかが、腕の見せ所です。
結論として、このあたりのストーリー展開が、「面白くない」一刀両断した人が多かったのは事実のようです。

でも、映画をみた感想としては、前作以上のの映像は迫力あるし、トムクルーズ渋くていまでもはカッコいい。
ストーリーは微妙というかアメリカ映画って感じです。勧善懲悪。悪を叩くヒーローものです。

謎の敵国の基地を破壊するために戦闘機で突っ込んでいくので、そこだけ見たら侵略になるのでは?と全面戦争になってしまうでしょうが、フィクションとして割り切ってみていただけるとよいと思います。

また、この映画の泣けるところは、36年経って、過去の名優がたくさん見れるということでしょう。
ジェニファー・コネリーが前作にはないキャラクターですが、年を重ねても十分魅力的な女性を演じています。ただ、この映画にはラブシーンはいらなかったのではないか?と思ったのは私だけでしょうか。アメリカ人は60代でもお盛んな人が多いのかもしれませんが、日本人としたら、ちょっとその部分は違和感がありました。
映像として、見せるのは夏休みに子供と一緒に見に行った人がどうだったかなと思ってしまいました^^

トップガンをまだ観ていない人におすすめ

ぜひぜひ、観に行ってください。
前作みてないんんだけど?という方でも大丈夫です。私の周りにも4,5人の人が前作を全く知らない若者、年配の方に話を聞きましたが、十分話が分かったとのことで、前作も時間があったらみたいと話していました。
それで十分だと思います。

また、この映画の迫力はやはり映画館しか伝わらないと思うので、可能であれば、4DXの映画館で観ることをお勧めいたします。
もちろんこのご時世、戦争を想像させる、戦闘機がテーマの映画なんて…という方もいらっしゃると思いますが、シリアスな部分や血が出るような場面はありませんので、ご安心ください。
ストーリーが単純なだけに、シリアス感はゼロです。逆にそのあたりは世界中の人たちが見れるように、悪役の国がどこなのかという点を連想させないようにしています。

トップガンまとめ

トムクルーズが人気なのは今も昔も変わりない。どんどん更けておじいちゃんやおばあちゃんになっていくハリウッドスターの中でもトムクルーズは60歳になっても若々しく、素敵なスマイルで女性を魅了しますが、彼自身、代表作である「ミッションインポッシブル」も次の映画の公開が控えていて、一線を常に保って活躍する大スターなので、まったく衰えは見せませんね。
渋さも今回の映画で増した気がします。
トムクルーズの大ファンだと豪語する芸能人も多く、先日来日した時は大騒ぎでした。
映画の内容がどうこうというより、トムクルーズがいるだけで幸せという人には続編の時代考証や脚本やストーリーの良しあしはそこまで関係ないかと思います。 

 
トップガンファンは、既に何回観たかの争いになっていまして、87回が今のところツイッター上で、最多でした。
トップガン3を望む声もチラホラありましたので、36年も待たずに、最後のマーヴェリックにま会えるとよいなと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!