高畑淳子の学歴は?ボクらの時代で明かした天才女優の記憶力を徹底解明!

女優の高畑淳子さんが、フジテレビの「ボクらの時代」に出演しました。
戸田恵梨香、永野芽郁と女優、若さなど女優についてや、プライベートにも迫った女子トークが素敵でした。
その中で明かした天才女優の記憶力を徹底解明してみます!
最後までお付き合いください。

高畑淳子の学歴とは?

高畑淳子さんの最終学歴は、桐朋学園大学短期大学部です。

女優になるために、この学校を選び、芸術科演劇専攻を卒業しています。

高畑さんのお父さんは大手建設会社に勤めていたため、四国をを転勤。

なんど、13回も四国で引っ越しを繰り返し、高畑さんは学校を転々としたそうです。

頭がとてもよく、香川県では進学校で有名な高松高校に進学、学生時代は文武両道で、スポーツは水泳をやっていたそうです。

大学進学に向けて、親に言われるがままに私立大学を片っ端から受け、早稲田慶應東京女子津田塾お茶の水、難関の有名私立大学にバンバン受かったそうです。

高畑:

丸暗記。記憶力が良かったから、(受験した大学)全部受かったの。

永野:

すごい!

戸田:

えー!

これだけでもすごいことですが、当時の様子を振り返り、記憶力が良かったので、赤本の過去問題を何度も何度も繰り返して、苦労なく覚え、理解度なく受かったというのはさすが、天才女優といわれるだけの才能を持っていたのですね。

当時、四国では合格した大学は新聞に掲載されていたそうで、こんなに沢山の難関大学を合格して、どこにいくのか?ときかれたそうですが、桐朋学園はみんな知らないので、唯一みんなが知っている指揮者の小澤征爾さんが卒業した学校と伝えたそうです。(指揮者真似をしながら)
ちなみに偏差値をしらべたところ、48でしたが、音楽の分野では実技が重要なので、一概に偏差値だけでは、難しさは測れないようです。

高畑さんは、高学歴や有名大学に興味があったわけではなく、「自分しかできないことは何だろう」と考えたそうです。

親の期待も一心に受けていたそうですが、お母さんが自分の若い時は戦争で好きなことができなかったから、娘の淳子さんには好きな道を選んでいいとに認めてくれたと話しています。

暗記の能力が高いというのは、女優にとって素晴らしい素養ですね。

高畑淳子のボクらの時代秘話とは?


高畑淳子さんと戸田恵梨香永野芽郁は、湊かなえ原作の映画「母性」で共演しています。
今回はそれぞれのキャラクターをぶつけ合って、映画の舞台裏の話をしてくれました。
高畑淳子からみれば、戸田恵梨香、永野芽郁は、まだ自分の娘のような年齢で、若くて才能ある女優ですが、下積み時代が長くて、ずっと主役には恵まれなかった高畑淳子から年齢について話がでました。

小学校3年生でスカウトされて芸能界入りした永野芽郁は、

「ずっと恥ずかしさは残っていたんですけど、朝ドラを終えて、ようやく恥ずかしさが消えました」

恥ずかしくて縁起ができなかった過去を暴露した戸田恵梨香も、

「ポーズを決めて登場しないといけない作品があったんです」

と語り、特撮ばかりやって、『仮面ライダーBLACK RX』で悪役・マリバロンをレオタード着てやっていた高畑淳子はみんなを爆笑に!!
こういう話芸もさすがですね。高畑さん。

20代、30代ってキラキラしていて、何でも吸収できる年代ですから、きっと二人の若手女優もいい勉強と経験になったことでしょう。

何よりも、高畑淳子さんの魅力は大物女優でも偉そうにしない、若手とも劇団にいるからか、垣根がなく自分の言葉で話すのが潔く、凛々しい女性だなぁと思いました。

映画のPRも兼ねてのテレビ出演が増えているこの3女優ですが、どの女優さんも親しみがわく、素敵な女優さんですね。
湊かなえさんの原作も話題ですが、

母性

映画もぜひ見てみたいですね。11月23日より全国公開です。

高畑淳子の記憶力 まとめ

高畑淳子さんは、四国の中でも特に進学校で有名な高松高校出身で、学校からは東大合格者が出る高校だったそう。
親のすすめられるままに数々の有名私立大学を受験、
名だたる早稲田、慶応、日本女子、お茶の水、津田塾を合格。
合格したのは、過去問題を高校で何度もやっていたのを記憶していたから。
記憶力があれば、理解力がなくても、合格できるということですね。
これは、きっと受験勉強に役立つと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!