【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2022で話題!ウォーカーのバイトって何?

【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2022で話題!ウォーカーのバイトって何?というタイトルで、お伝えしていこうと思います!

 

今回は、2022年7月26、27日にわたり開催されている、マイナビオールスターゲーム2022で、巨人から選出されているウォーカーのバイト歴について紹介します。

 

なぜ、ウォーカーのバイトが話題になっているかというと、テレビに映るウォーカーの紹介に「バイト経験がある苦労人」とあることが発端です。

 

ウォーカーは、いつ、どんなバイトをしていたのでしょうか。

 

ウォーカーのバイト時代はいつ?

 

ウォーカーの経歴はこちらです!

◆アダム・ウォーカー(Adam Walker)1991年10月18日、米ミルウォーキー生まれ。30歳。2012年にツインズ3巡指名でプロ入り。19年から米独立リーグでプレーし、2年連続MVPに輝いた。2022年より読売巨人で活躍。196センチ、104キロ。右投右打。

 

・米独立リーグ時代は苦労の連続

 

ウォーカーはかつて日本での取材で、米独立リーグ時代の話をしてくれているようです。

 

日本人にはなじみの薄い米独立リーグですが、一体どのような生活なのでしょうか。

 

基本的には、アメリカのマイナーリーグの環境と似ているようですが、ウォーカーの記憶に1番残っているのは、やっぱり移動の大変さだったようですね。

 

最初は16時間くらいのバス移動があったそうです!日本ではなかなか体験することのない長時間移動ですね!

 

どうやら、5、6時間のバス移動は普通なのだとか。野球選手は一見華やかですが、好きなことをお仕事にして、お金を稼ぐことは、なかなか険しい道のりのようです。

 

大変なのは環境だけではなく、給与も決して十分ではなく、アルバイトもしながらの生活だったようですね。

 

どんなバイトをしていたの?

 

・ドライバー

 

・革(製品)を作る工場勤務(お財布とかベルトの製作)

 

・子ども向け野球コーチ

 

今情報があった、お仕事はこちらでした。

 

やはり、野球一本で今後の人生を生きていけるか不透明な時代だったのもあり、すごく多様なお仕事っぷりですね。

 

野球とバイトのWワークを続けながらも、独立リーグには3年間在籍し、2年連続MVPに輝いているウォーカー。

 

その努力と勤勉さには脱帽です!そういうウォーカーだからこそ、今の巨人での活躍や、マイナビオールスターゲーム2022への出場するまで、昇り詰めることができたのかもしれませんね。

 

ネットの声

 

 

まとめ

 

【プロ野球】マイナビオールスターゲーム2022で話題!ウォーカーのバイトって何?について、ここまでお伝えしてきました。

 

オールスターゲームが終わると、いよいよプロ野球も後半戦突入です!

 

ウォーカーには、残りのシーズンを思いっきり躍動して欲しいですね。

 

これからのウォーカーの大活躍に期待です!

 

最新情報をチェックしよう!