【驚愕!】六本木クラスが本家超え?梨泰院クラスを上回り上位にランクインした理由は平手友梨奈の存在!?

【驚愕!】六本木クラスが本家超え?梨泰院クラスを上回り上位にランクインした理由は平手友梨奈の存在!?

というタイトルでお伝えしていこうと思います。

 

俳優の竹内涼真さん主演テレビ朝日系連続ドラマ「六本木クラス」が配信されている、NET FLIXの今日のテレビ番組において、原作の韓国ドラマ「梨泰院クラス」の3位を上回り、「六本木クラス」が2位にランクインしたことで話題になっていますね!

 

本作は、NET FLIXで大ヒットした韓国ドラマ、梨泰院クラスを日本に置き換えて考案した漫画「六本木クラス」を、日韓共同プロジェクトとしてリメイクした物語です。

 

日本での視聴率は、初回は9.6%と好調のスタートを切ったものの、2話は8.6%、3話は7.0%と右肩下がりに。

 

しかし、4話には8.1%となり5話で初回とほぼ同じ視聴率までV字回復を遂げたそうです。

 

これは極めて珍しいパターンのようですね。

 

特に、この現象において、葵役の平手友梨奈さんが起爆剤の役割を果たしているのでは?と話題になっています。

 

さっそく、本家の梨泰院クラスを上回った理由について調査してみました!

 

本家越えの理由は平手友梨奈の存在?

六本木クラスは、竹内涼真さんが演じるのは、六本木の居酒屋「二代目みやべ」店長の宮部新。平手友梨奈さんは、ヒロイン役の、麻宮葵役です。

 

平手友梨奈さんは、ラブロマンスの要素もきっちりとこなしています。

 

このストーリーは、自らを絶望の淵に立たせた、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の会長と跡取り息子に長屋ホールディングス会長に土下座をさせて罪を償わせることが人生の目標となり、様々なドラマが生まれてくる作品です。

 

平手友梨奈の存在感がヤバい

実は、「梨泰院クラス」を見た人の多くが、本家のヒロインであるキム・ダミが演じるイソは、誰も超えられないのでは!?という声があがったそうです。

 

しかし、平手さんはイソではなく、別人格である麻宮葵を見事に造形し、圧倒的な存在感で視聴者を魅了しています。

 

その存在感と演技力が、六本木クラスの印象を強め、本家を上回る力になっているのかもしれませんね。

 

 

初回のドラマがスタートした際は、冒頭からクラブに踊る、麻宮葵役の平手友梨奈さんが登場します。

 

今後の展開を予感させるナレーションで、宮部新との関係性明かし、匂わせがすごい!

 

平手友梨奈さんが、クラブにいた外国人と突然流暢な英語で話しだす場面もネットでは話題になりました。

 

・ネイティブのような英語がかっこいい

・海外進出も近いのでは?

・独特の存在感がヤバい!

 

など、反響が寄せられたようです。

 

 

平手友梨奈の恋愛要素がレア!?

 

本作での、平手友梨奈さんは、彼女の女優人生において最大級の可愛いらしさを発揮していると話題ですね。

 

主人公の宮部新たに、キスをしたり、好きだと言い切るなどラブロマンスのヒロインとしての役割をきっちりとこなしています。

 

平手友梨奈さんは、ここ最近出演した作品で代表的なドラゴン桜や、これまでの作品でここまで恋愛要素が多い役を演じることが少なかった印象ですよね。

 

視聴者にとっては、新鮮な驚きとなっているのかもしれませんね。

 

その平手友梨奈さんに加えて、恋のライバル的な立ち位置の、楠優香を演じる新木優子との共演も、密かに視聴率を下支えしている重要な要素と考えられます。

 

六本木クラスでは、20歳の葵(平手友梨奈さん)に対して、アラサーの優香役を好演していますよね。

 

平手友梨奈さんと新木優子さんの異なるタイプの美貌には、それぞれの良さがあります。

 

視聴者も、美の競演に熱視線が注がれているようですね。

 

世間の声

 

まとめ

【驚愕!】六本木クラスが本家超え?梨泰院クラスを上回り上位にランクインした理由は平手友梨奈の存在!?についてまとめてみました!

 

苦しいことがあっても、乗り越えていくロマンスクラスのキャラクター達。

 

必死に人生を生きるって、素晴らしいことだと改めて考えさせられるドラマなのかもしれません。

 

今後の怒涛の展開や、平手友梨奈さんと竹内涼真さんの恋模様からも目が離せませんね!

 

最新情報をチェックしよう!