【箱根駅伝2023年予選会】日程やコース、ライブ放送は?出場校と大注目の立教大学の注目選手まとめ

今回は、【箱根駅伝2023年予選会】日程やコース、ライブ放送は?出場校と大注目の立教大学の注目選手まとめについてお伝えしていきます!

 

10月15日(土)、東京都立川市の陸上自衛隊駐屯地にて、第99回箱根駅伝予選会が開催されますね。

 

今年はなんと市街地のコースが復活します!

 

なつかしい箱根予選会が帰ってくることでファンの間では話題になっていますね。

 

しかし、観客についてはまだ発表がありません。

 

箱根予選会は上位10人の合計タイムで競われ、上位10校が本戦出場の切符を手に入れます。

 

歓声とため息が入り混じる、結果発表の瞬間は見逃せませんね!今からワクワクしてしまいます。

 

今回は箱根駅伝2023予選会のスタート時間や、テレビ・ライブ配信、出場校をご紹介します。

 

また、近年急速に力をつけている立教大学の注目選手もご紹介します。

 

箱根駅伝2023予選会の日程、コース、ライブ放送は?

 

箱根駅伝2023予選会のスタート時間は、2022年10月15日(土) 9:35 スタートです。

 

コースについて

コース:陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園

競技:ハーフマラソン(21.0975km)

 

今回は例年通り、駐屯地内を周回してから市街地へ、そして昭和記念公園がゴール。

 

最初の周回で位置取りをし、公園内では起伏を攻略するという難しいレースになると予想できます。

 

それがまた見ごたえがあり、予選会の面白さでもありますよね!

 

周回コースとは違う戦略を各校はとらなければなりませんので、そこも見どころです。

 

箱根駅伝2023予選会のテレビ・ライブ配信

 

気になる箱根駅伝2023予選会のテレビ・ライブ放送ですが、どこで見れるのでしょうか。

 

気になったので、まとめてみました!

 

地上波

 

日テレ系列(関東ローカル+山梨・岩手・宮城・福島・長野・静岡・愛媛・鹿児島)にて、2022年10月15日(土) 9:25〜11:25に、生中継されます。※山梨県のみ9:30~11:25

ライブ配信

 

TVerにてライブ配信があります。10月15日(土)午前9時25分頃(スタート)~ 結果発表まで。

 

これで関東圏以外の人も観戦できそうですね。

 

こちらは、無料で視聴できますよ!

 

BS

 

BS日テレにて2021年10月15日(土) 19:00から録画放送されます。

 

箱根駅伝2023予選会の出場校

出場予定の主な大学は下記の通りです。

 

〇出場校  前年成績

東海大学 本戦11位

神奈川大学 本戦12位

早稲田大学 本戦13位

明治大学 本戦14位

国士舘大学 本戦15位

中央学院大学 本戦16位

日本体育大学 本戦17位

山梨学院大学 本戦18位

駿河台大学 本戦19位

専修大学 本戦20位

拓殖大学 予選会11位

大東文化大学 予選会12位

筑波大学 予選会13位

上武大学 予選会14位

城西大学 予選会15位

立教大学 予選会16位

流通経済大学 予選会17位

東京農業大学 予選会18位

慶應義塾大学 予選会19位

東京経済大学 予選会20位

日本大学 予選会21位

 

予選会免除のシード校は、箱根本戦2022で10位以内の青学大、順天堂大、駒沢大、東洋大、東京国際大、中央大、創価大、国学院大、帝京大、法政大です。

 

今年の予選会では、どんなドラマが見られるのでしょうか?楽しみですね!

 

立教大学の注目選手は?

 

昨年の箱根駅伝予選では、立教大学は大きな見せ場を作り話題になりました。

 


当時の出走者の大半が2年生以下だった中、最終的には16位で通過はならなかったものの、近年の復活を予感させましたよね。

 

今年は、強化生が3年生以下になり、さらに充実した戦力のようです。

 

 ”日本一足が速い”上野監督が牽引し、教え子が出る記録会で引っ張っているようですね。

 

選手の自己ベストのレベルも上がってきています。

 

3年関口&2年林選手がエースに成長 

関口絢太選手

 


林虎太朗選手

 


2年生からは林選手が本格化してきていますね。今年は5千m13分台2度マーク。全日本予選3組でも上位に入っています。

 

1年生も國安&馬場選手も躍進中 

 

國安&馬場選手いきなり全日予選上位組に!

 

これは立教大学にとって大きな前進につながりますね!

 

それぞれ他校のエースと競り合っているようですよ。

 

そして、1500mや3000m障害などの個人種目でも、選手が出てきているのが立教大らしいところですね。

 

3000m障害では内田選手が8位入賞、1500mでは後藤選手が好記録を出し、大塚選手らルーキー勢も活躍しているようですよ!

まとめ

今回は、【箱根駅伝2023年予選会】日程やコース、ライブ放送は?出場校と大注目の立教大学の注目選手まとめについて調査してみました。

 

各校が箱根駅伝出場に向けて頑張る姿は本当に心打たれますし、感動しますよね。

 

各校が全力を尽くせますように!

 

最新情報をチェックしよう!