増田立義(川崎幼稚園園長)の息子や家族と生い立ち!実家はお金持ちで父親は地元の名士!

  • 2022-09-07
  • 2022-09-07
  • 生活

 

増田立義(川崎幼稚園園長)の息子や家族と生い立ち!実家はお金持ちで父親は地元の名士!というタイトルでお伝えしたいと思います!

静岡県牧之原市でおきた幼稚園の送迎バスに園児を置き去りした事故に注目をしてみたいと思います。

当日、送迎バスの運転をしていたのは、川崎幼稚園園長の増田立義氏でした。

増田立義氏の息子や家族と生い立ちについて調べてみました。

さらに、増田立義氏の実家はお金地持ちだったようですね。

実家の父親は幅広く事業を展開していた地元では名士だったようです。

増田立義氏について詳しくお伝えしたいと思います!

増田立義(川崎幼稚園園長)の息子や家族と生い立ち!

増田立義(川崎幼稚園園長)の息子や家族と生い立ち!について注目してみたいと思います!

川崎幼稚園の園長だった増田立義氏は、1949年生まれで、2022年時点で73歳になります。

経歴については、川崎幼稚園の園長のほか理事長も兼ねていましたが、置き去り事後を受けて辞任をしました。

また、増田立義氏の息子や嫁といった家族についての情報は詳しいことはわかっていません。

でも、年齢的に嫁や子供、さらには孫もいそうですよね。

そして、川崎幼稚園は家族経営の幼稚園だったのではないと思われます。

川崎幼稚園の事務長と理事長を兼ねている人物に、増田多朗(たろう)さんという方がいます。

事務長の増田多朗さんは、メディア対応もされていました。

同じ名字で年齢が40代くらいなので増田立義氏の息子ではないかといわれていますね。

 

川崎幼稚園の増田立義氏の生い立ちについては、静岡県牧之原市の出身になります。

子供の頃から、お金持ちのボンボン育ちだったようです。

そのせいか、性格はズボラなところがあったようです。

いいかげんな性格から友人たちからは『ええからげん八兵衛』と呼ばれていたそうですね。

そして、小学校や中学校についてはどこだったのかわかってはいません。

高校は、牧之原市内にある榛原高校を卒業しています。

高校卒業後は、専修大学経営学部に進学をし、卒業をしています。

大学を卒業してからは、どんな職業についていたのかはわかっていません

そして、50歳の時に浪速短期大学の通信教育学部保育科卒を卒業しています。

1976年53歳の時に実家の父親から保育事業を引き継いでいました。

子供頃は『ええからげん八兵衛』と呼ばれていた増田立義園長でしたが、経営者としてはやり手だったようです。

園長や理事長に就任してから、近隣の幼稚園を傘下におさめるなどして、保育事業を拡大していったのです。

川崎幼稚園のホームページを見てもわかる通り、系列の保育施設がいくつかあります。

でも、同時に人員不足やスタッフの教育など問題があったのかもしれません。

 

実家はお金持ちで父親は地元の名士!

実家はお金持ちで父親は地元の名士!ということに注目してみたいと思います!

増田立義氏の実家の父親は、海軍出身で厳しい人物だったようです。

川崎幼稚園は実家の父親が戦後に設立した幼稚園でした。

地元では60年以上も続く歴史ある幼稚園で人気があったようです。

また、実家では幼稚園の経営するほかお茶の工場も経営していたそうです。

父親は地元の名士だったようですね。

現在も実家のお茶の工場はあるのかはわかっていません。

でも、増田立義氏は、実家はお金持ちで地元の名士の家柄だったようですね。

ネット上声

まとめ

増田立義(川崎幼稚園園長)の息子や家族と生い立ち!実家はお金持ちで父親は地元の名士!

についてまとめてみました。

増田立義氏の代になってから、保育事業はどんどん拡大されたようですね。

事故の原因について、今後の捜査の行方が注目されますね。

 

最新情報をチェックしよう!