杉森務(ENEOS元会長)の顔画像と経歴学歴がエリート!年収や退職金も破格!父親は警察官で嫁子供は?

 

杉森務(ENEOS元会長)の顔画像と経歴学歴がエリート!年収や退職金も破格!父親は警察官で嫁子供は?というタイトルでお伝えしたいと思います!

ENEOSホールディングスの元会長である杉森務(すぎもり つとむ)氏について注目してみたいと思います。

石油業界最大のENEOSホールディングスの会長にまで登りつめた杉森務氏の顔画像や経歴や学歴がエリートすぎると話題になっているようですね。

また、これまでの年収や退職金が破格なようです。

ENEOSホールディングスの元会長ともなれば、どのくらいの年収や退職金だったのでしょうか。

また、杉森務氏の父親は警察官だったそうで、嫁や子供といった家族構成についてもお伝えしたいと思います!

 

杉森務(ENEOS元会長)の顔画像と経歴学歴がエリートすぎる!

杉森務(ENEOS元会長)の顔画像と経歴学歴がエリートすぎる!ということに注目してみたいと思います!

杉森務氏は、1995年生まれで、2022年時点で67歳になります。

出身は、石川県七尾市で生まれ、金沢市で育ったようです。

出身の中学校や高校についてはどこなのかわかりませんでした。

高校卒業後の経歴は、上京し一橋大学商学部に進学をしました。

超難関な一橋大学に入学した学歴なだけあって、やはり相当優秀だったようです。

一橋大学では、エネルギー関係のゼミを選択していました。

しかし、杉森務氏は学業ばかりではなく、スポーツも万能だったようです。

大学時代は準硬式野球部に所属したほか、社交舞踏研究会で大会にも出場経験がありました。

大会ではクイックステップ部門7位に入賞した実力の持ち主でした。

大学卒業後は、1979年日本石油(現在のENEOS)に入社というエリートな経歴でした。

日本石油では、根岸製油所勤労課や人事関係の部署を10年ほど担当していました。

その後販売部門に移り、1999年から三菱石油と統合後の日石三菱で販売部販売総括グループのマネージャーとして精力的に販売路を開拓しました。

その後も社内の要職につき出世コースを歩んだエリートでした。

2010年にJX日鉱日石エネルギー株式会社の取締役に就任しています。

 

 

年収や退職金も破格!

年収や退職金も破格!ということに注目してみたいと思います!

気になる杉森務氏の年収については、「IR BANK」に掲載されたことがありました。

ここ数年の年収は

2022年3月期、役員報酬が 1億7900万円!

2021年3月期、役員報酬 が1億9000万円!

と毎年、2億円近くの破格の年収を貰っていたことがわかりました。

そんな杉森務氏でしたが、2022年8月に突然ENEOS元会長職を辞任したことが話題になりました。

会社を辞めたとなると退職金はどのくらいもらっていたのか気になりますね。

これだけの年収をもらっていたとなると、退職金も相当もらっていたはずですよね。

ENEOS側は、杉森務氏の退職金については明らかにしていませんが、もちろん億単位ではないかといわれていますね。

父親は警察官で嫁子供は?

父親は警察官で嫁子供は?ということに注目してみたいと思います!

杉森務氏の家族構成についてはどうなっていたのでしょうか。

父親の職業は、警察官だったそうです。

母親については詳しいことはわかっていません。

また、嫁や子供といった家族構成についての情報はありませんでした。

しかし、年齢的にも嫁や子供がいそうですよね。

ネット上の声

まとめ

杉森務(ENEOS元会長)の顔画像と経歴学歴がエリート!年収や退職金も破格!父親は警察官で嫁子供は?についてまとめてました。

まさに学歴も経歴もエリートそのものの杉森務氏でした。

ENEOS辞任となった原因を今後追求されそうですね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!