【インドネシアサッカー場暴動日本人選手】山本奨の顔画像と経歴!原因や決勝ゴールがヤバすぎて身の安全は?

 

【インドネシアサッカー場暴動日本人選手】山本奨の顔画像と経歴!原因や決勝ゴールがヤバすぎて身の安全は?というタイトルでお伝えしたいと思います!

インドネシアのサッカー場で発生した暴動に注目してみたいと思います!

大惨事となったインドネシアサッカー場の暴動事件。

決勝ゴールを決めたのは日本人選手の山本奨選手でした。

山本奨選手の顔画像と経歴について調べてみました。

また、試合を決定づけた決勝ゴールがヤバすぎて、山本翔選手の身の安全は大丈夫なのか心配されているようです。

インドネシアサッカー場暴動についてお伝えしたいと思います。

 

【インドネシアサッカー場暴動日本人選手】山本奨の顔画像と経歴!

【インドネシアサッカー場暴動日本人選手】山本奨の顔画像と経歴!について注目してみたいと思います!

2022年10月1日、インドネシアのサッカー場で暴動がおこりました。

場所は、インドネシアの東ジャワ州のマラン市のカンジュルハン・スタジアムでサッカー場になります。

対戦チームは、アレマ・クロノスFC対ベルセバヤ・スラバヤでした。

試合は2-3でアウェイのベルセバヤ勝利となりました。

サッカーチームのアレマ・クロノスは、20年間地元スタジアムでの試合に負けたことがなかったそうです。

アレマファンは大変興奮していたようで、試合終了直後に大暴動が発生しました。

何千人ものアレマのファンがピッチに入ろうとしました。

窒息死する人や、踏みつけられて亡くなる人も出ました。

そして、300人以上の人が負傷し治療のために病院に搬送されました。

現在のところ、死亡者は129名、負傷者は約180人という大惨事となりました。

そして、この暴動があった試合で決勝点を決めたのは、なんと日本人選手でした。

ベルセバヤ・スラバヤに所属するFWの山本奨選手が決勝ゴールを決めました。

そんな山本奨選手の顔画像やどのような経歴なのでしょうか。

山本奨選手の経歴については、1996年生まれで、2022年時点で25歳になります。

出身高校は、武南高校になります。

武南高校は、埼玉県にある私立の高校でサッカーの強豪校として全国的にも有名ですね。

山本奨選手は、高校卒業後は、日本のチームに所属することなくスペインにサッカー修学をしています。

そして、現地のCDラティーナという5部リーグに所属し活動をしました。

その後も、いくつかの海外のチームを移籍しながら選手として活動をされていました。

原因や決勝ゴールがヤバすぎて身の安全は?

原因や決勝ゴールがヤバすぎて身の安全は?ということが注目されますね。

日本では考えられないようなインドネシアサッカー場暴動事件でした。

このサッカー場暴動事件の原因は何だったのでしょうか。

今のところ、原因とみられているのは騒動をおさめるため、警察の機動隊が催涙ガスを使用したことではないかといわれていますね。

催涙ガスが原因で大勢のサポーターが大パニック状態となったそうです。

そのため、何百人が出口ゲートに殺到し大混乱となりました。

また、こんな大混乱の状況の中で、せっかく決勝ゴールを決めた山本奨選手がヤバすぎなことになって身の安全が心配されます。

決勝ゴールを決めた山本選奨手は、暴動が発生した時には、サッカー場から避難をしていて無事だったそうです。

ケガなどなく身の安全が確保されてよかったですね。

でも、山本奨選手には、しばらくは安全な場所で過ごしてほしいですね。

 

ネット上の声

ネット上でも山本奨選手を心配する声が多かったですね。

まとめ

【インドネシアサッカー場暴動日本人選手】山本奨の顔画像と経歴!原因や決勝ゴールがヤバすぎて身の安全は?についてまとめてみました。

今回の暴動事件は決勝ゴールを決めた山本奨選手が1番驚いていたかもしれません。

でも、今後も海外での活躍に期待したいですね。

 

 

最新情報をチェックしよう!