寺島しのぶ息子の眞秀(まほろ)の小学校は慶應幼稚舎!歌舞伎界初ハーフのトリリンガル!

 

寺島しのぶ息子の眞秀(まほろ)の小学校は慶應幼稚舎!歌舞伎界初ハーフのトリリンガル!というタイトルでお伝えしたいと思います!

女優の寺島しのぶさんの1人息子の眞秀(まほろ)くんに注目してみたいと思います。

現在小学生になる眞秀(まほろ)くんは、名門の私立の小学校に通っています。

通っている小学校は、慶応大学の付属の幼稚舎といわれていますね。

また、眞秀(まほろ)くんの父親はフランス人になります。

歌舞伎界初のハーフでトリリンガルな歌舞伎役者となるようです。

寺島しのぶさんの息子の眞秀(まほろ)くんについて詳しくご紹介したいと思います。

 

寺島しのぶ息子の眞秀(まほろ)の小学校は慶應幼稚舎!

寺島しのぶ息子の眞秀(まほろ)の小学校は慶應幼稚舎!に注目してみたいと思います!

日本を代表する女優の寺島しのぶさん。

実家は、歌舞伎界の名門の家系であることは知られていますね。

寺島しのぶさんは、2007年に結婚しましたが、国際結婚だったことが大変話題になりました。

旦那となったのは、アートディレクターのローラン・グナシアさんでフランス人になります。

そして、2012年に待望の息子が誕生しています。

息子の名前は、眞秀(まほろ)くんと名付けられました。

寺島しのぶさんの息子眞秀(まほろ)くんは、2022年時点で10歳になりました。

現在は、小学4年生になりました。

小学校は、慶應大学の付属の小学校の慶應幼稚舎だそうです。

慶應幼稚舎は、東京の私立小学校受験の最高峰といわれています。

毎年、10倍近い倍率の難関校になります。

寺島しのぶさんは、大変教育熱心でもあり、眞秀(まほろ)くんの小学校受験に熱心に取り組んだそうです。

昔から、歌舞伎役者の子供は、慶應幼稚舎よりも青山学院初等部に多いといわれています。

実際、寺島しのぶさんや弟の尾上菊之介さんも初等部から青山学院でした。

しかし、寺島しのぶさんは、母校に息子の眞秀(まほろ)くんには、自分の母校よりも慶應幼稚舎へ入れたかったようですね。

歌舞伎界初ハーフのトリリンガル!

歌舞伎界初ハーフのトリリンガル!ということに注目してみたいと思います!

寺島しのぶさんは、息子の眞秀(まほろ)くんには、早くから歌舞伎役者にすると決めていたようです。

2歳の頃から歌舞伎の英才教育を始めています。

2017年、眞秀(まほろ)くんは5歳で、『魚屋宗五郎』の丁稚与吉の役で初舞台を踏んでいます。

以降、歌舞伎の舞台だけではなく、モデルや子役としてドラマやCMで大活躍しています。

そして、眞秀(まほろ)くんは、父親がフランス人なのでハーフになります。

顔画像をみてもわかる通り、かわいいですよね。

これまで歌舞伎界の歴史の中で、ハーフの歌舞伎役者は1人だけだったそうです。

公式に歌舞伎界にハーフ歌舞伎役者としてデビューするのは、眞秀(まほろ)くんが初めてだそうですね。

さらに、眞秀(まほろ)くんは、日本語と英語とフランス語を話すことができるトリリンガルになります。

トリリンガルを武器に世界で活躍する歌舞伎役者になりそうですね。

 

ネット上の声

 

まとめ

寺島しのぶ息子の眞秀(まほろ)の小学校は慶應幼稚舎!歌舞伎界初ハーフのトリリンガル!についてまとめてみました。

眞秀(まほろ)君はとてもかわいいルックスで今から将来が楽しみですね。

寺島しのぶさんとの親子共演も楽しみにしたいですね。

 

最新情報をチェックしよう!