IMALUが選んだ奄美大島ってどこ?選んだ理由は?アクセスは大丈夫?野望は宣伝大使?

お笑いタレントの明石家さんまさんと女優の大竹しのぶさんの娘でタレントIMALUさんが、東京と奄美大島2拠点生活をはじめると報じられました。

今回は、IMALUさんが2拠点生活に選んだ奄美大島はどこにあるのか?

2拠点生活に奄美大島を選んだ理由は何か?

東京との2拠点生活をするために、交通アクセスは大丈夫なのか?

IMALUさんの野望は宣伝大使なのか?についてお伝えしていこうと思います。

 

 

奄美大島ってどこ?

奄美大島は、鹿児島県にあります。

鹿児島県は28もの有人島を持つ、全国でも有数の離島の多い県です。

その鹿児島本土と沖縄本島のほぼ中間の洋上に位置しているのが奄美大島です。

奄美大島の周りはすべて東シナ海です。

面積は沖縄本島の約8割ほど。 日本の離島のなかでは佐渡島に次ぐ2番目の大きさです。 特徴的なのは、島の多くの部分が森だというところです。

奄美大島は他の島と混同されない場合には単に大島(おおしま)とも呼ばれます。

東京都にある伊豆大島も大島(おおしま)と呼ばれますので、間違えちゃいそうですね。

 

 

奄美大島を選んだ理由は?

IMALUさんが2拠点生活に奄美大島を選んだ理由ですが、それについては、「初めて奄美大島を訪れたときに一瞬で「ビビビッ」ときて、「ここに住んじゃおう」と思った」のが理由のようです。

奄美大島を訪れる前は、東京からアクセスの良い伊豆や鎌倉なども選択肢として考えていたそうですが、奄美大島に行ってからは気持ちがブレなかったようです。

また、今回の選択については「東京が嫌いになったわけでもなく、移住でもなく、2拠点での生活。」を考えているそうで、「半々のバランスでどこまでやっていけるかのチャレンジ」することが目標のようです。

 

 

両親の反応

IMALUさんといえば、やはり気になるのが、ご両親の反応ですね。

ご両親はおふたり共に「好きなことを自由にすれば」という感じなのだそうで、「いいじゃん。遊びにいくね」とおっしゃっているようです。

また、IMALUさんは直感で動くタイプで、思ったら即行動に移すので、今回の2拠点生活については、両親に相談はせず、決めてから報告したそうです。

 

 

 

交通アクセスは大丈夫?

奄美大島へは、飛行機かフェリーで行くことができます。

東京からは飛行機の直行便も出ています。

飛行機は東京の他にも、大阪、福岡、鹿児島、沖縄から直行便が出ています。

成田/関西国際空港からはpeach

羽田、伊丹、福岡、鹿児島、那覇からはJALグループ

鹿児島経由で羽田/中部/神戸からスカイマークが運航しています。

東京から直行便だと2時間15分ですが、直行便は本数が少ないようです。

乗り継ぎを利用すると、時間は3時間半から5時間かかりますが、本数は多いです。

 

 

野望は宣伝大使?

IMALUさんは奄美大島のことを「沖縄と同じように海がキレイなのに、人は少ない。黒糖焼酎や鶏飯など美味しいものもたくさんあるし、島唄も沖縄とはちょっと違う切なさがあったり。魅力がたくさんある」とおっしゃっています。

奄美大島の、まだ知られていない魅力を勉強しながら発信して、奄美大島に対して貢献できることを見つけたい。というのがIMALUさんの希望のようです。

2021年には「はなはなの会」という奄美大島と繋がるオンラインサロンにIMALUさんはゲスト出演しています。

 

 

まとめ

奄美大島の生活では、大きなクモや見たこともない虫がたくさんいたり、東京では想像できないくらいすごい湿気を体験したりと日々の発見が新鮮だというIMALUさん。

あまり神経質にならないようにして「ずぼらエコ」の発信もしていきたいそうです。楽しみですね。

IMALUさんは2拠点生活をスタートしましたが、あまり先々のことは考えず、目の前にあることを一生懸命にやり、それがどう未来に繋がっていくかを楽しみたいと考えているそうです。現在の心境は、肩の力が抜けて、焦りの感情がいい意味で無いという理想の状態のようです。

そういう精神状態を保てているからこそ、自分のやりたいことにフォーカスして、自分に何ができるかを考える時間もしっかりとりたいと考えているようです。

今までの仕事も続けたいので、移住ではなく2拠点生活。

生活のバランスを取りながら、将来の目標を立てていくそうなので、IMALUさんの今後の活躍に目が離せないですね。

 

最新情報をチェックしよう!