2022年の冬至は12月22日 開運アクションとやってはいけないこと

1年でいちばん太陽がでている時間が短くなる日「冬至
今年の冬至12月22日です。
今回は冬至の開運アクションとやってはいけないことをご紹介します。

冬至とはどんな日?

あらためて、冬至とはどんな日なのでしょうか。
冬至とは二十四節気の1つで、1年で最も昼の時間が短くなる日のことです。
日本では太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日でもあります。
東京では、太陽の位置が1年で最も高くなる夏至と比べると日照時間がなんと約4時間40分もの差があります。
昼が短い分、夜が長くなりますね。

一陽来復(いちようらいふく)

冬至は1年で最も日が短いです。ということは、翌日から日が長くなっていきます。
そこで、古くから冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえていました。
中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日ととらえて、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意味の「一陽来復(いちようらいふく)」といって、冬至を境に運が向いてくると言われています。
運気が上昇に転じる日ということですね。
世界各地でこの日にお祝いをするところも多く、太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点になっています。

冬至の開運アクション

行事食(かぼちゃ)

冬至の「行事食」として有名なのはかぼちゃ料理です。
かぼちゃの黄色は「魔除けの色」とされていました。また、栄養価も高いことから、かぼちゃを食べて無病息災を願ったと言われています。 かぼちゃは本来は夏が旬ですが、昔から長期保存ができるために冬至の時期でも食べることができました。

運気アップの食べ物

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいます。
運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあります。
特に「ん」が2つつけば「運」も倍増すると考えて、それら7種は「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれています。

【冬至の七種】
なんきん:南京(かぼちゃ)
れんこん:蓮根
にんじん:人参
ぎんなん:銀杏
きんかん:金柑
かんてん:寒天
うんどん:饂飩(うどん)

全部食べよう!!という気持ちになりますね。
現実的には、おうどんなら自炊でも食べれそうですね。

柚子湯に入る

冬至の日、柚子(ゆず)湯に入ると風邪をひかずに元気に冬を越せると言われています。
血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、芳香によるリラックス効果もありますから取り入れたいですね。
また、語呂合わせとして
柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」と言われています。

そんなゆず湯ですが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。
昔は毎日入浴することはありませんでしたので、一陽来復のために身を清めるのも道理ですね。
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りには邪気がおこらないという考えもあります。
また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められているようです。

運気アップの行動

冬至は太陽が復活する日。それに由来したおまじないがあります。

「家中の下にあるものをひっくり返す」というもの
敷布団、座布団、玄関マット、キッチンマットなどですね。
運気が良くなると言われています。

お天気が良ければおひさまに干しても良いかもしれませんね

やってはいけないこと

冬至の日にやってはいけないことというのは特にないようです。
ただ、冬至は陰の気が極まって、翌日から陽に転じる転換の日なので、良い気分で過ごせるようにして、良いエネルギーを取り入れたり、良いエネルギーに囲まれて過ごすようにすることが良いようです。

まとめ

現代に生きる私たちは、1年には周期があり、太陽の動きにも周期があることがわかっています。しかし、昔の人々にとっては、太陽の力が弱まることは脅威であり、力を復活するために真剣に祈ったのだと思います。
太陽の力が1番弱まる冬至。周期がわかっていても、日照時間が短くなると我々人間もエネルギーが落ちやすくなります。
古からの習慣を改めて見直して、冬至のアクションを実行して、元気に冬を乗り越えましょう。

最新情報をチェックしよう!