藤井一至のwikiプロフィールと経歴は?嫁や子供についても調査!

土壌学者として有名な藤井一至さんが、TBS系列の「クレイジージャーニー」に出演し話題となっています!

藤井一至さんは過去に「笑ってコラえて!」や「ホンマでっか!?TV」などにも出演し、土について熱く語っておられ印象に残っている方も多いかもしれません。

そんな藤井一至さんは、一体どんな人物なのか気になりますよね。

そこで今回は、藤井一至さんのwiki風のプロフィールや経歴、嫁や子供についてまとめてみました!

藤井一至のwikiプロフィール紹介

藤井一至さんのプロフィールをご紹介します。

 

名前:藤井一至(ふじい・かずみち)
生年月日:1981年10月8日
年齢:41歳(2022年10月時点)
出身地:富山県立山町

藤井一至さんは、富山県立山町生まれ、山と田んぼに囲まれた環境で高校卒業まで地元で育ちました。

大学から地元を離れておられます。

 

藤井一至の経歴・学歴は?

藤井一至さんは、土の研究で優秀な学者として有名です。

現在は、森林総合研究所 主任研究員 として、カナダ永久凍土の生成過程や熱帯林の植物・土壌相互作用の解明などの研究をされています。

 

藤井一至さんの経歴は、大学院で農学博士を取得後は、カナダ、マレーシアの土や日本の火山灰土壌についての研究などをされています。

  • 2009年4月~2011年3月 京都大学地球環境学堂 博士研究員 としてカナダ・マレーシアの土を研究
  • 2011年4月~2012年12月 日本学術振興会 特別研究員PD (森林総合研究所)として日本に広く分布する火山灰土壌の生成とその変化の様子を調べる研究
  • 2013年1月~2015年9月 森林総合研究所 研究員 としてカナダ永久凍土の物質循環やインドネシアの山火事後の土壌炭素蓄積量の変動の研究・調査

 

藤井一至さんは輝かしい受賞歴がたくさんあります。

  • 2011年 第一回 日本生態学会奨励賞(鈴木賞)
  • 2012年 Best Poster Award 8th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH(インド)
  • 2015年 第三十三回 日本土壌肥料学会奨励賞
  • 2016年 第十五回 日本農学進歩賞
  • 2019年 第七回 河合隼雄学芸賞受賞
  • 2019年 Ecological Research Paper Award 2018
  • 2020年 第十一回 日本ペドロジー学会論文賞
  • 2022年 第三十九回 とやま賞

 

藤井一至の学歴は?

藤井一至さんの学歴は以下の通りです。

  • 2000年3月 富山県立富山中部高校卒業
  • 2004年3月 京都大学農学部卒業
  • 2006年3月 京都大学大学院 農業研究科 修士課程修了
  • 2009年3月 京都大学大学院 農業研究科 博士課程修了

ジブリ映画の「天宮の城ラピュタ」のシークのセリフ「土から離れては生きられないのよ」という言葉から土に興味を持ったそうです。

現在は、日本を代表する地質学者となっておられます。

そんな藤井一至さんは高校時代から将棋部に所属し、大学時代には関西学生王将を獲得されるほどの腕前だそうです。

 

藤井一至の嫁や子供は?

藤井一至さんは結婚されていると思われます。
一般の方ということもあり確信な情報がありませんでした。

ただ、藤井一至さんがテレビやYoutubeに出演した際に左手の薬指に指輪をしているとの情報がありました。

藤井一至さんは現在41歳でもありますし、人柄もいい方なので結婚はされていることに間違いないと思われます。

藤井一至さんの結婚の情報がないこともあり、子供がいるのかなどの情報をSNSなどから見つけることできませんでした。

藤井一至さんは土の研究で日本や海外に行かれることや、数多くの講演もおこなっておられますので、家族とゆっくり過ごされる時間がないかもしれませんね。

藤井一至さんの嫁や子供について分かり次第追記していきます。

まとめ

今回は、土の研究者として有名な藤井一至さんについて「藤井一至のwikiプロフィールと経歴は?嫁や子供についても調査!」と題してまとめてみました。

藤井一至さんは富山県立山町出身で、富山県立富山中部高校卒業し、京都大学卒業後、京都大学大学院で博士課程修了し博士を取得しています。

その後は日本や海外の土について研究され、森林総合研究所主任研究員として活躍し、テレビ出演やYoutubeでも「土の大切さ」を発信されています。

最新情報をチェックしよう!