宮澤エマの母と姉は起業家で名前や年齢は?学歴も家系図もすごい!

宮澤エマさんはミュージカル女優として活躍されていましたが、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演し注目されている女優です。

宮澤エマさんは父がアメリカ人で母が日本人のハーフということでも知られています

そんな宮澤エマさんの母と姉が起業されていて、祖父は元総理大臣だったと言われています。

そこで今回は、宮澤エマさんの家族や家系・学歴などを調べてみました。

宮澤エマの母と姉は起業家!名前や年齢についても

宮澤エマさんの父はアメリカ人で元駐日アメリカ合衆国首席公使のクリストファー・ラフルアーさん、母はラフルアー宮沢啓子さんです。

宮澤エマさんは、アメリカ人と日本人のハーフになります。

そして、宮澤エマさんには、5歳年上の姉がおり、名前がラフルアー宮澤沙羅さんと言います。

  • 父:クリストファー・ラフルアーさん
  • 母:ラフルアー宮沢啓子
  • 姉:ラフルアー宮澤沙羅さん

宮澤エマさんの母親と姉はそれぞれ起業されています。

詳しくみていきます。

宮澤エマの母の職業は?

宮澤エマさんの母・ラフルアー宮沢啓子さんは、現在トラベルジュエリーの「CLUB SAH」の代表をしています。

ラフルアー宮沢啓子さんは、慶應義塾大学法学部を卒業後、コロンビア大学ビジネススクール(MBA)卒業され、その後、フランスに留学されています。

その後、ルフトハンザドイツ航空のキャビンアテンダントとして国際線に乗務、同社の広報部で勤務され、結婚後はパリで森英恵さんのプレタポルテ販売会社に勤務など転職され経験を積んでこられました。

ラフルアー宮沢啓子さんが起業している「CLUB SAH」では、旅行や日常生活に便利なトラベルジュエリーを日本に初めて紹介された販売会社になります。

 

宮澤エマの姉の職業は?

宮澤エマさんの姉のラフルアー宮澤沙羅さんは、働く女性のためのD2Cアパレルブランド企業「MM. LaFleur(エムエムラフルアー)」をニューヨークで設立しました。

女性が仕事で輝くのをサポートするために、シワにならない、長時間着ていても疲れないなどを考えられたデザインのアパレルブランドとなっています。

ラフルアー宮澤沙羅さんは、ハーバード大学を卒業しており、スターウッドキャピタルという不動産投資会社に勤め、その後に転職してベイン&カンパニー・TechnoServeでマネジメントコンサルタントとして勤務されていました。

2015年に夫・Chrisさんと結婚され、不妊治療の末、三つ子を授かり代理母とご自身で出産されています。

 

宮澤エマの学歴・経歴は?

宮澤エマさんは幼稚園の年少から年長まで父親の仕事の関係でアメリカで暮らしていました。

日本に帰国後は、森村学園初等部、聖心インターナショナルスクールを卒業した後、アメリカ・カリフォルニア州のオクシデンタル大学で宗教学を専攻され、大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学されています。

宮澤エマの経歴

宮澤エマさんは、子供の頃から歌や芝居が大好きで、歌手に憧れてボイストレーニングなど10年以上勉強を続けていました。

大学3年生の時、ケンブリッジ大学留学中に、音楽に触れる機会が多くあったことで自分を表現する仕事に就きたいと改めて思い、オクシデンタル大学卒業後の2012年春に芸能界入りを果たしています。

クイズ番組やバラエティー番組などの出演していましたが、演出家の宮本亜門から「ミュージカルのオーディション」の誘いを受け、オーディションを受け、ミュジカル女優として活躍始めます。

現在は、ドラマや映画、ミュージカルに幅広く活躍されていますね。

宮澤エマの家系図がすごい!

宮澤エマさんの家系図がすごいと言われています。

宮澤エマさんの祖父は、第78代 内閣総理大臣の宮澤喜一元首相なのです。

宮澤エマさんの母・ラフルアー宮澤啓子は宮澤喜一の長女になります。

祖父以外にも政治家であったようです。
宮澤エマさんの家系は政治家だったようですね。

  • 高祖父:小川平吉(政治家)
  • 曽祖父:宮澤裕(政治家)
  • 祖父:宮澤喜一(政治家)

まとめ

今回は、ミュージカルやテレビで活躍している女優の宮澤エマさんについて「宮澤エマの母と姉は起業家で名前や年齢は?学歴も家系図もすごい!」と題してまとめてみました。

宮澤エマさんの母はトラベルジュエリーの会社を経営し、5歳年上の姉もニューヨークで働く女性向けアパレルブランドを立ち上げていました。

また、宮澤エマさんの祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一元首相ということがわかりました。

最新情報をチェックしよう!