アントニオ猪木の名前の由来は?11人兄弟で家族構成が凄い!

アントニオ猪木さんの訃報が入ってきました。

プロレス時代の黄金期を支えた人物として、人気のあるプロレスラーでしたよね。

ところで、アントニオ猪木さんは、どんな人物だったのでしょうか?

リングネームをなぜ「アントニオ猪木」にしたのかや、11人兄弟の家族構成についても見ていきましょう!

アントニオ猪木の名前の由来は?


アントニオ猪木さんの名前の由来について調べてみました。

アントニオ猪木さんの本名は、猪木寛至(いのきかんじ)さんと言います。

リング名が「アントニオ猪木」なのですが、「アントニオ」はどんな意味があって付けたのでしょうか?

実は、「アントニオ」の由来は、豊登説と力道山説があると言われています。

それぞれ詳しくいていきましょう。

豊登説


豊登説というのは、アントニオ猪木さんの先輩レスラーにあたる、豊登道春(とよのぼりみちはる)さんが、猪木さんを「アントニオ猪木」と名付けた説です。

豊登道春さんは、数々のレスラーにリングネームを付けていた名付け親で有名とのことです。

猪木さんの「アントニオ」の由来は、豊登道春さんが、当時幻の帝王と呼ばれていた「アントニオ・ロッカ」というレスラーの名前からとり、「アントニオ猪木」になったと言われています。

力道山説


力道山説というのは、アントニオ猪木さんの師匠にあたる、プロレスラーの力道山さんさんが、猪木さんを「アントニオ猪木」と命名した説です。

力道山さんは、アントニオ猪木さんだけでなく、ジャイアント馬場さんの師匠でもありました。

アントニオ猪木さんは、14歳の時に苦しい生活を抜け出すため、母と祖父、兄弟たちと共に、日本からブラジルへ移住していました。

その後、猪木さんはブラジルへ遠征中だった力道山さんにスカウトされ、日本へ帰国します。

そして、猪木さんは、師匠の力道山さんの下でプロレスラーへの道を歩みます。

力道山さんは、猪木さんが移住先のブラジルから日本へ帰ってきたため、ブラジルで一般的な名前である「アントニオ」を用いて「アントニオ猪木」と名付けたと言われています。

アントニオ猪木の家族構成は?


アントニオ猪木さんの家族構成について調べてみたところ、複雑な家族構成であることが分かりました。

アントニオ猪木の父親は?


アントニオ猪木さんの父親は、猪木佐次郎さんです。

残念ながら、父親の佐々木佐次郎さんは、アントニオ猪木さんが5歳の時にお亡くなりになっています。

アントニオ猪木さんが幼い頃に、家族の大黒柱を失って生活が苦しくなったために、残された家族でブラジルへ移住することになったのでは?と推測しました。

お仕事は県会議員をされていたという話がありました。

ちなみに、アントニオ猪木さんの父親である猪木佐次郎さんは、アントニオ猪木さんの母親である文子さんと結婚する前、他の女性と結婚しており、その女性との間に子供が2人います(子供のことは後述します)。

アントニオ猪木の母親は?


アントニオ猪木さんの母親は、猪木文子さんです。

アントニオ猪木さんの母親の旧姓は、相良(さがら)だったそうです。

アントニオ猪木さんと共に、日本からブラジルへ移住されていたそうです。

残念ながら母親の猪木文子さんは、アントニオ猪木さんが44歳の時にお亡くなりになっています。

アントニオ猪木の兄弟は?


前述しましたが、アントニオ猪木さんの父親である猪木佐次郎さんは、アントニオ猪木さんの母親である文子さんと結婚する前に、別の女性と結婚して子供を2人もうけています。

実は、アントニオ猪木さんには異母兄弟が2人いることになります。

長男が建郎さん、次男が康郎さんというそうです。

そして、アントニオ猪木さんの父親の猪木佐次郎さんとアントニオ猪木さんの母親である文子さんとの間に生まれた兄弟は、9人です。

アントニオ猪木さんは、9人兄弟の六男です。

兄弟構成は、年齢順に長女の千恵子さん、次女の久恵さん、三男の相良寿一さん、三女の京さん、四男の快守さん、五男の宏育さん、六男の寛至(アントニオ猪木)さん、四女の佳子さん、七男の啓介さんです。

アントニオ猪木の2番目の兄である、猪木快守さんは、テノール歌手の「パブロ猪木」として活躍されていたそうです。

残念ながら2011年にお亡くなりになっています。

異母兄弟を含めると、アントニオ猪木さんは11人兄弟だったのですね。

他の兄弟が現在どうしているのかは不明ですが、大家族の中で育ったのが見て取れます。

アントニオ猪木の祖父や祖母は?


アントニオ猪木さんの母方の祖父は、相良寿郎(さがらじゅろう)さんです。

残念ながら、アントニオ猪木さんと共に、日本からブラジルへ移住するための渡航中に、船上で青いバナナを食べてお亡くなりになっています。

青いバナナは熟していない為、毒性が強かったようです。

また、アントニオ猪木さんの母方の祖母は、久さんというお名前だそうです。

ちなみに、アントニオ猪木さんの父方の祖父母の情報はみつかりませんでした。

アントニオ猪木の妻は?


アントニオ猪木さんの妻は、4人いました。

1人目の妻は、アメリカ人のダイアナ・タックさんです。

2人目の妻は、倍賞美津子さんです。

3人目の妻は、戸倉尚美さんです。

4人目の妻は、橋本田鶴子さんです。

4人の妻の現在ですが、1人目の妻のダイアナ・タックさんがご存命かどうかは不明でした。

2人目の妻である戸倉尚美さんと、3人目の妻である戸倉尚美さんはご存命です。

残念ながら、4人目の妻は橋本田鶴子さんは2019年にお亡くなりになっています。

過去にアントニオ猪木さんは、4回の結婚をし、3回の離婚をされているのには驚きでした。

アントニオ猪木の子供は?


アントニオ猪木さんに子供は3人いました。

アントニオ猪木さんの1人目の子供は、1人目の妻のダイアナ・タックさんとの間に生まれた娘さんです。

名前は、文子さんというそうですが、8歳の頃に亡くなっているそうです。

アントニオ猪木さんの2人目の子供は、2人目の妻の倍賞美津子さんとの間に生まれた娘さんです。

名前は猪木寛子さんといいます。

寛子さんはミュージカルのアニーで主役として出演経験があるそうです。

ご結婚されていて、夫は婿養子で、名前はサイモン・ケリー猪木さんということです。

アントニオ猪木さんの3人目の子供は、3人目の妻の戸倉尚美さんとの間に生まれた息子さんです。

名前は一成さんというそうです。

コロンビア大学へ通われていたようです。

アントニオ猪木の孫は?


アントニオ猪木さんの2人目の子供である寛子さんは、サイモン・ケリー猪木さんとの間に2人のお子さんがいるそうです。

アントニオ猪木さんの3人目の子供である一成さんは、現在どうしているかは不明ですが、ご結婚されてお子さんがいる可能もありそうですね。

今判明している時点では、アントニオ猪木さんには2人のお孫さんがいるということになりますね。

まとめ


アントニオ猪木さんの名前の由来は、先輩レスラーの豊登道春(とよのぼりみちはる)さんが名付けた説と、師匠の力道山さんが名付けた説がありました。

アントニオ猪木さんには、異母兄弟を含めて11人兄弟だったそうで、その事実に驚きです。

アントニオ猪木さんには4人の妻がいて、お子さんが3人、お孫さんが2人と、これまた家族が多いですね。

幼い頃に父親を亡くし、貧しい生活を立て直すために、家族で日本からブラジルへ移住していた過去を知り、胸が苦しくなりました。

ですが、移住先のブラジルで、海外遠征をしていた力道山さんの目に留まり、プロレスラーとしてデビューを果たし、プロレスの黄金期を支えた人物になりました。

アントニオ猪木さんの訃報は、とても寂しいですが、ご冥福をお祈りいたします。

最新情報をチェックしよう!