アイドル 博 2022 がやばい!運営会社(主催者)はどこ?トラブル続出!大炎上の理由まとめ

2022年7月16日~7月18日に「2022TOKYOアイドル博LIVE!」が開催されました。

400組ほどのアイドルが集まる大イベントを楽しみにしていたファンも多い中、トラブル続出でイベント途中中止、大炎上という事態に!

そこで今回は「アイドル 博 2022 がやばい!」と言われる運営会社(主催者)はどこなのか、続出したトラブルとは何なのか、大炎上の理由をまとめました。

アイドル 博 2022 がやばい!運営会社(主催者)はどこ?

「2022TOKYOアイドル博LIVE!」開催!

楽しみにしていた出演者や来場者にとって、辛いイベントとなってしまいましたね。

2年ぶりのアイドル博開催を楽しみにしていたファンは、主催者側の不手際によるトラブル続出に怒りだす人も多かったとか。

では、2022年アイドル博の運営会社(主催者)はどこなのでしょうか。

調べてみると、アイドル博の運営会社(主催者)は公表されていませんでした。

こんな大事になってから、なかなか公表はしづらいとは思いますが、「運営会社はここではないか?」と噂になっている会社がありました!

「ここが運営会社では?」と言われる会社は・・・
・株式会社FIVEDOOR(あしたば茶の販売会社)
・FWD株式会社(アイドル博配信サイトの運営会社)
・有限会社サンクレイド(アイドル博の主催会社)

アイドル博の会場で配られているお茶が「あしたば茶」であることからも、上記の3社合同での開催ではと言われています。

そして、主催者は「ダイナマイトトミー」さんではないかとのこと。

ダイナマイトトミーさんと言えば、有名な人気バンドのボーカルですね。

ダイナマイトトミーさんが主催者ならすごいことではありますが、イベントの最終確認はみんなでしなかったのでしょうか。

アイドル 博 2022 がやばい!炎上理由は?トラブルまとめ

アイドル 博 2022のトラブルとは、どんなことなんでしょう。

大炎上しているトラブル内容をまとめました。

<トラブル内容>
・アイドルや来場者の熱中症多数
・バス楽屋申し込みなしのグループ出演中止(消防庁指導あり)
・雨で地面が濡れても荷物置き場なし
・運営会社と連絡が取れず、出演アイドル次々に辞退
・運営会社が会場案内を間違えて記載(〇青海✕青梅)。会場に着かなかったアイドルやファンもいた
・掲示されたステージの場所や向きが違う
男性用トイレにドアがなくステージから丸見え
自販機なし、物販のみでドリンク販売(600円)
トイレットペーパーが雨で全滅、アイドルが高額販売
・「水着ステージ」はアイドルではなくファンが水着になる
VIP席3万円、一般席と変わりなし

 

『熱中症対策しないの~??』

 

『日本に1台しかないという「特殊救急車(スーパーアンビュランス)」まで出動する事態!』

 

これだけのトラブルが続出すれば、大炎上するのも仕方ないですよね。

出演アイドルも来場者も、大変なイベントとなってしまいましたね。

今回のアイドル博を楽しみにしていた多くのファンは、ガッカリしたことでしょう。

運営会社は今後、対応に追われそうですね。

まとめ

2022年7月16日~7月18日に「2022TOKYOアイドル博LIVE!」が開催されました。

400組ほどのアイドルが集まる大イベントを楽しみにしていたファンも多い中、運営側の不手際でトラブル続出という事態になりました。

今回のイベントは結局、途中中止という残念な形となってしまいました。

そこで、続出したトラブルが何だったのか調べてみると、運営側の不手際が多くあがっていました。

運営会社は今後、対応に追われそうですね。

最新情報をチェックしよう!