大塚明夫(次元役)の声優キャラが凄い!スネーク、ブラック・ジャック、銀魂、ワンピースにムーミンパパも!

ルパン三世で長年、次元大介役の声優として活躍してきた小林清志さんが88歳の高齢となり勇退することになり、後任として声優の大塚明夫さんが次元役を務めることが発表されました!

大塚明夫さんのこれまでの声優キャラを調べてみたら、とにかくすごいのです!

というわけで、大塚明夫さんの声優キャラをまとめてみました。

大塚明夫(次元役)の声優キャラが凄い!

写真左は、長年次元役で親しまれてきた小林清志さんで、写真右が新しく次元役をされる大塚明夫さんです。

「メタルギアソリッド」スネーク役

ゲームのキャラクター。

アニメ化されていないのに結構な人が知っているキャラクターである。

キャラの人気の理由は、ゲーム自体が面白かったことと、ゲームプレイに約20時間かかるため愛着が湧くからじゃないかと、大塚明夫さんは分析されています。

セリフが多いため、大塚明夫さんの地声での役となったようです。

「機動戦士ガンダム0083」アナベル・ガトー役

機動戦士ガンダムのエースパイロット。

軍人であり、実直さを持つアナベル・ガトーは大塚明夫さんが演じたキャラの中でも群を抜いて人気があるものの一つです。

「ブラック・ジャック」のブラック・ジャック役

こちらは大塚明夫さんの代表作とも言われています。

まさに大塚さんのハマり役ですね。

手塚治虫作の超人気漫画が原作で、ブラック・ジャックはお医者さん。

誰もが助けられないような人を命をかけて助ける姿がかっこいいですよね。

ギャグっぽい場面も、シリアスな場面も、ブラック・ジャックっぽさを失わないイメージそのまんまの声が人気です。

「ワンピース」マーシャル・D・ティーチ役

人気コミック「ワンピース」に登場した黒ひげのマーシャル役も大塚明夫さんがされています。

圧倒的な強さを誇るマーシャルと大塚さんの声がマッチしていますね!

「BLEACH」京楽春水役

普段はフラフラしたゆる〜い感じのキャラだが、いざ戦うととても強く、かっこいいキャラクター。

気だるさが声に出せるのが、大塚さんの声の魅力だと噂されています。

「銀魂」才蔵役

銀魂では、才蔵役をされていのが大塚明夫さんです。

「アンパンマン」ナガネギマン役

アンパンマンにも出演されています。

大塚さんは、ナガネギマンとして子どもたちのヒーローでもあります。

「ムーミン」ムーミンパパ役

お馴染みのムーミンでは、ムーミンのパパとして出演されています。

大塚明夫さん動画

話している大塚さんもみたい!聞きたい!ということで、こちらの動画をご紹介いたします!

こちらの動画では、大塚明夫さんがご自身の演じたキャラクターについて話しておられます。

大塚明夫さんの声は低くて渋いですね!

まとめ

長年、ルパン三世で次元役を務めていた小林清志さんが88歳というご高齢になり、ご勇退されることが発表されました。

に、ともない、次元役は引き続きどなたの声になるのか気になった方も多いかと思います。

大ベテランの大塚明夫さんが、小林さんの想いを引き継ぎ、次元役へと就任されました。

以下、お二人の感想です。

小林清志のコメント

ルパンは俺にとって一生ものの仕事であった。命をかけてきた。
我儘を言えば90歳までやっていたかったが残念。
何とかかじりついていたかったが 無理だった。
歳をとればそれなりの深みが出てくるはずだ。ただ映像とのギャップがあるか。
話は違うが以前、明夫ちゃんに聞かれたことがある。
「なぜ親父は五ェ門を辞めたんでしょう?」と。
親父とは大塚周夫先輩である。答えに窮したことがある。
さぞ先輩も 無念だったにちがいない。
一部の方々から言われる事があるのは、次元は歳をとった 聞きづらい。
当たり前だ わたしゃ齢88歳であるぞ。俺なりに努力した結果だ。
これからはそう言われることを気にしないですむ。ほっとしている。
あとは明夫ちゃんに委ねます。
頑張ってちょうだい。
ただ、次元はそんじょそこらの悪党とは違うぞ。
江戸のイキというもんだ。変な話だが、次元は江戸っ子だ。
明夫ちゃん、これは難しいぞ。
雰囲気は JAZZ にも似ているんだ。
最後に
これまで応援してくれた人たちにお礼を申し上げる。ありがとうございました。
ルパン。俺はそろそろずらかるぜ。
あばよ。

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0125816

そして、お次は大塚さんのコメントです。

大塚明夫のコメント

身が引き締まりました。
清志さんの想い、
たしかに掴んで離さないよう精進します。
思えば僕は大魔王シャザーンで清志さんの声に出逢い、妖怪人間ベムを経て、
そして次元大介に憧れました。小学5年生だったと思います。
清志さんが50年をかけて生命を吹き込んだ次元大介は、もはや清志さんそのものだと思っています。
次元大介から清志さんじゃない声が聞こえてきたらイヤです。もしかしたら誰よりも。
だからこそ、そんな自分さえも納得させ得る次元大介になろうと
勝手乍ら心に決めました。
江戸の粋、江戸っ子、JAZZ、胸にしっかり刻んで
バトン、受け取らせていただきます!

引用元:https://www.cinematoday.jp/news/N0125816

最新情報をチェックしよう!