配信ライブ中に倒れたアニソン歌手黒崎真音の病気と容態はナニ?緊急手術を公式発表だけど

配信ライブ中に倒れたアニソン歌手黒崎真音の病気と容態はナニ?緊急手術を公式発表だけどの内容について詳しくお話ししたいと思います。

 

アニソン歌手の黒崎真音さんが、配信ライブ中に倒れ、その容態が心配されています。倒れた原因の病気はナニでしょうか?容態も気になりますよね。

 

アニソン歌手黒崎真音さんが配信ライブ中に倒れた原因

 

所属事務所によると、配信ライブが行われたのは9月18日で、ライブ中に黒崎真音さんが倒れてしまい、配信ライブは急遽中止となりました。

その後、黒崎真音さんは緊急搬送され病院に運ばれたそうです。

病院での診断は「硬膜外血腫」で、搬送先の病院で緊急手術を受け、手術は成功。現在の容態は安定していると公式サイトで発表しました。

 

黒崎真音さんの病気の硬膜外血腫と容態は?

 

黒崎真音さんが倒れる原因となった「硬膜外血腫(こうまくがいけっしゅ)」とは、どのような病気なのか。

そしてどのような容態なのでしょう?「硬膜外血腫」は、頭部を強打するなどの影響で、脳を覆う硬膜と、頭蓋骨との間に血液が貯まり「血腫」となってしまうことにより起こる病気だそうです。

ちなみに、硬膜の内側に血腫ができる場合もあり、病名は「硬膜下血腫」となります。

「硬膜外血腫」は、硬膜の外側なので、脳に影響する可能性は低く、意識もはっきりしていて、症状が軽い場合が多いようです。

しかし血腫の場所や出血量によっては、脳が圧迫されることもあり、意識障害や麻痺などの症状が出ることもあるそうです。

血腫を取り除く場合は、開頭手術となりますので、術後も長い入院治療が必要でしょう。

 

黒崎真音「硬膜外血腫」今後について

所属事務所の発表によると、早くても2ヶ月以上の療養期間が必要とされています。

手術の内容について詳しくは公表されていませんが、開頭手術が行われたとすれば、回復まで時間が必要となります。

当面は絶対安静となり、今後のミュージカルやイベント出演のキャンセルも発表されました。

突然の出来事にネット上でも心配の声があがっています。

 

黒崎真音の活動休止に芸能界からも心配の声

黒崎真音さんとユニットを組み、昨年には楽曲もリリースしている神田沙也加さんが、黒崎真音さんの活動休止を受け、コメントしています。

神田沙也加さんはSNSを通し、「大切な相方へ」とし、「代わってあげたい」「大好きだよ」とメッセージを送りました。

どこか似ている雰囲気のおふたりですが、神田沙也加さんは、「双子みたいなあなた」ともコメントしており、特別な関係である黒崎真音さんを心配しながらもエールを送りました。

 

ネットの声

配信ライブ中に倒れたアニソン歌手黒崎真音の病気と容態はナニ?緊急手術を公式発表だけどについてのネットの声を見てみましょう!

ネット上の黒崎真音さんへの反応はどんな感じなのでしょうか?

 


 

黒崎真音プロフィール

 

名前:黒崎真音(くろさきまおん)

別名:MAON

生年月日:⁇⁇年1月13日

出身地:東京都

職業:歌手、作詞家

ジャンル:J-POP、ロック、アニメソング

 

2006年からユニットでライブ活動をスタートさせ、2008年から秋葉原で本格的にソロ活動を開始。

2010年にテレビアニメのエンディング曲を担当。

アルバム『H.O.T.D』でメジャーデビューを果たす。

その後もアニソン歌手として活躍し、「ALTIMA」や、神田沙也加とのユニット「ALICes(アリセス)」などでも活動している。

 

まとめ

配信ライブ中に倒れたアニソン歌手黒崎真音の病気と容態はナニ?緊急手術を公式発表だけどとして、黒崎真音さんが倒れたことについてまとめてみました。

配信ライブ中に倒れてしまったということで、驚いたファンの方も多かったと思われますが、スタッフもいる中での出来事だったので、早い対応が出来て結果的には良かったのかもしれませんね。

強打などによる血腫ということですが、頭をぶつけたなどのアクシデントがあったのでしょうか?とにかく、安静に治療に専念して元気に戻ってきて欲しいですね。

最新情報をチェックしよう!