【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!不登校だった理由や父親母親と家族は?

【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!不登校だった理由や父親母親と家族は?というタイトルでお伝えしたいと思います。

 

山梨県甲府市で住宅が火事となり、会社員の井上盛司さんと妻の章恵さんが亡くなった事件がありました。

 

そして、長女の知人の19歳少年が犯人として逮捕されたことは大きな衝撃でした。

 

19歳少年は壮絶な生い立ちで育ったことがわかりました。

 

また不登校な時期もあったようです。

 

不登校となった理由は事件と関係があったのでしょうか。

 

父親母親や家族構成についても調べてみました。

 

【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!

【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!ということが話題になっていますね。

 

甲府火事の経緯についてみてみましょう。

 

10月12日、午前4時ごろ、山梨県甲府市蓬沢(よもぎざわ)にある井上盛司さんの住宅で火災が発生しました。

 

火災によって木造2階建ての住宅が全焼しました。

 

焼け跡から井上盛司さん夫婦とみられる遺体が発見されています。

 

また井上盛司さん夫婦には2人の姉妹がいましたが、逃げて無事でした。

 

遺体には刺し傷がありました。

 

室内には油のようなものもまかれていました。

 

ただの火災や強盗目的などではなく、事前に準備をされた怨恨などによる事件とみられ捜査されていました。

 

そして、犯人として出頭してきた19歳少年が逮捕されました。

 

井上盛司さんの長女とは同じ高校に通っていた19歳少年だったことが衝撃的でした。

 

理由は、長女に一方的に好意を持ちましたが受け入れてはもらえず、犯行に及んだという大変身勝手な理由でした。

 

この事件に関しては、犯人が甲府市内に住んでいること以外、未成年のため名前や住所は公開されませんでした。

 

少年法により、プライバシーの公表は守られていたのです。

 

しかし、週刊新潮が顔画像と実名を公表し大きな反響がありました。

 

犯人は、遠藤裕喜、19歳になります。

 

新潮の本紙には、顔画像も掲載されています。

 

しかし、新潮のWEB版には顔画像は諸事情により公開されていないのです。

 

そのため、現在の時点で顔画像が確認できるのは中吊り広告のみとなっていましたのでご了承ください。

 

そんな19歳少年の生い立ちは壮絶なものだったことがわかりました。

 

 

不登校だった理由や父親母親と家族は?

不登校だった理由や父親母親と家族は?について気になりますね。

 

2009年~2011年頃、小学校3年生の時に父親が逮捕されていました。

 

容疑は給湯器を盗んだ疑いでした。

 

当時の名字は渡辺だったようです。

 

父親の逮捕の影響のためか、2013か2014年頃、両親が離婚をしていました。

 

小学6年生の頃でした。

 

少年は、母親側につき母子家庭となり育ちました。

 

そのような壮絶な生い立ちのためか、19歳少年は学校ではイジメに合うこともあったようです。

 

次第に、中学校の頃から不登校を繰り返すことになったそうです。

 

そして、高校は山梨中央高等学校の定時制の高校に進学しています。

 

高校でも陰の薄いキャラで、決して目立つタイプではなかったようです。

 

でも皆勤賞になるなど、非常に真面目な性格であることもわかりました。

 

また、意外にも生徒会長になっています。

 

選ばれたのかと思われましたが、誰もやりたい人がいなく押しつけられたというのが真相だったようです。

 

でも、この生徒会活動を通して、井上盛司さんの長女と出会うことになりました。

 

また現在の19歳少年の名字は母親の姓だったようです。

 

その後、母親は再婚をしたという報道もありましたが正確ではないと思われます。

 

 ネットの声

【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!不登校だった理由や父親母親と家族は?についてのネットの声を見てみましょう!

 

 

 

まとめ

【顔画像】甲府火事19歳少年の生い立ちが壮絶!不登校だった理由や父親母親と家族は?についてまとめてみました。

 

成長期の大事な時期に父親の逮捕と両親の離婚、イジメと壮絶な出来事が続いていたことがわかりました。

 

だからといって、身勝手で残虐な犯行を犯した理由にはなりません。

 

残された姉妹がかわいそうでなりません。

最新情報をチェックしよう!