金原遥花(きんぱらはるか)のWikiプロフィールと経歴は?ミスユニバース2021静岡代表の経緯!

 

ミスユニバース2021のファイナリストが確定しましたね!

今回は3回目のチャレンジで見事ファイナリストに選ばれた金原遥花(きんぱらはるか)のプロフィールと出場の経緯について調べてみました!

 

金原遥花(きんぱらはるか)のWikiプロフィール

 

プロフィール

名前:金原遥花(きんぱらはるか)
生年月日:1995 . 4 . 4
身長:170cm
出身地:浜松市南区
出身大学:常葉大学外国語学部英米語学科
就職先:日本郵便
趣味:カフェ巡り、映画鑑賞、ショッピング
特技:テニス、早起き、そろばん、水泳
資格:サービス接遇検定2級

 

常葉大学外国語学部英米語学科を卒業し、就職先は日本郵便で浜松市内に配属されます。

社会人2年目のとき、母親の勧めもあり、自分を変えたいとベスト・オブ・ミス静岡2019に初エントリーし、それから3年連続でチャレンジ、2021年度のミス・ユニバース・ジャパン静岡代表に選出されました。

所属事務所は、静岡協同エージェンシーという静岡のテレビ局やメディア、クライアントなどに強い事務所に所属しています。

メディアなどの経歴としては、

静岡だいいちTV「ZIP!」静岡県内お天気キャスター、ホンダカーズ天気予報フィラモデル、シャンソン化粧品 季刊誌モデル・メイクショーモデル、IASO webモデル、マルベリーモデル

などの活動も行った経験があります。

 

ミスユニバースとは?出場のきっかけは?

 

新卒で働いた日本郵便では、静岡県内の郵便局に配属されました。

郵便局に勤めていたころに「長身と小顔がもったいない」と同僚や友人などに持ち前の容姿に対してよく言われていたんそうです。

しかし金原遥花さんは、とにかく自分に自信がないタイプで、過去には芸能界にも興味を持ったこともありましたが、遠い夢だったんだとか。

社会人2年目の頃、ベスト・オブ・ミス静岡へ母親の薦めもあってのエントリーしてみることになります。

 

ミスユニバースの選考は、地区予選から選出されます。

ベストオブミス(Best of Miss)という「ミス・ユニバース・ジャパン」「ミス・グランド・ジャパン」「ミス・ユニバーシティ」複数の世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会にエントリーすることから始まります。

それぞれの日本大会へ県代表として出場する女性を各大会ことに一名、一県から複数名の代表を選出することができるので、エントリー時点ではどの選考の代表として選出するかわからないそうです。

 

このベストオブミスのエントリーは一般人もOKです。

それもあり、ダンスやモデルの経験はなかったにもかかわらず、自分を変えたい、自信をつけたいという一心で、仕事も辞めチャレンジしたそうです。

安定した日本郵便という企業を退職してまでチャレンジするという本気度が違いますよね。

 

3年連続ベストオブミスにチャレンジする頑張り屋!

 

金原遥花(きんぱらはるか)さんは、3年連続ベストオブミスに出場しています。

初年度の本番ステージが終わった後には、「もっと内面を磨き、強さを身につけて、来年こそは優勝したい」とモチベーションが上がるきっかけになったそう。

一般人がステージの前に上がるのは緊張感とかすごそうです。

2回目の挑戦では変な余裕が出てしまったそうで、1年目に感じた達成感もなかったそう、この時ばかりは、悔しさと自分に対する腹立たしさだけが残ったんだとか。

お父様とベストオブミスへの出場に関して、「3度目はない」と約束していたにもかからず、「2年やって結果を出せないのがくやしい、トップに立って終わりたい」と説得し3回目の正直でベストオブミスに参加したそうです。

 

3回目のチャレンジは25歳の節目もあってか「最後のチャレンジ」で挑んだそうです。

 

金原遥花(きんぱらはるか)のまとめ

 

努力家で3回目の正直でチャンスを掴んだ金原遥花(きんぱらはるか)さん。

今後の活躍も期待ですよね!

ご覧いただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!