岩渕幸洋(いわぶちこうよう)のwikiプロフィール|経歴と出身高校や彼女について紹介!

 

パラリンピック卓球代表の岩渕幸洋さん活躍が注目されていますね。

岩渕幸洋さんはバックを使わないフットワーク力が持ち味の世界ランキングも日本人選手トップの注目選手です。

 

 

岩渕幸洋(いわぶちこうよう)のwikiプロフィール

 

 

名前:岩渕幸洋(いわぶちこうよう)
ニックネーム:ぶっちー
生年月日:1994.12.14
身長:163cm
体重:56kg
出身:東京都練馬区
所属:協和キリン

 

両足首に先天性の障害を持つ両下肢機能障害で、両足首の可動域が狭く、卓球のプレイは左足に装具をつけています。

パラリンピックは東京2020で2大会連続出場となります。

前回のリオ大会に出場したのは大学在学中のこと、残念ながら1ゲームも奪えず予選敗退となりました。

大学卒業後は、五輪選手を輩出した実業団チームに所属し技術向上と戦法の幅を広げていて、2018年の世界選手権は銅メダル、世界ランキングは日本で一番上位の3位と上り詰めています。

 

パラの卓球には、シングルスは主にクラス9(クラス分けの中では、2番目に障害の軽いクラス)の種目に出場し、団体(4シングルス1ダブルス)はクラス8やクラス10の人と組む場合もあります。

 

岩渕幸洋(いわぶちこうよう)の学歴経歴は?中学高校大学が早稲田!

 

岩渕幸洋(いわぶちこうよう)は中学校より早稲田実業中学に入学しています。

早稲田実業中学は、名前の通り早稲田大学の付属の教学中学校で、中学受験で偏差値が男子74、女子75と都内だけでなく全国でも最難関の学校です。

この学校に入学できるのは大変優秀だったんですね。

そんな勉強も得意であった岩渕選手ですが、卓球との出会いは、早稲田実業中学でのこと。

早稲田実業中学で卓球部に入り、高校大学と早稲田に進んで行きます。

早稲田大学4年時に2016年のリオデジャネイロパラリンピックに出場しています。

 

卒業後は協和キリン株式会社の実業団チームに所属し、プロ卓球選手として活動していて、普段は健常者の選手と日々練習に励むパラ卓球界のエースと言われています。

 

【顔画像】岩渕幸洋(いわぶちこうよう)の彼女情報!結婚は?

 

現在26歳の岩渕幸洋さんに彼女はいるのでしょうか?

こちらを調べてみましたが、彼女がいるのかはわかりませんでした。

ただ、26歳のアスリート、しかも元々努力家の秀才なのでモテそうですよね!彼女がいてもおかしくないでしょうね。

もし彼女がいたらそろそろ結婚を考えていてもおかしくはないんじゃないでしょうか?

彼女の情報がわかり次第更新していきたいと思います!

 

岩渕幸洋の両親(父と母)はどんな人?

 

岩渕幸洋さんの両親が元々スポーツ好きだったのもあって幼少時代から様々な経験をしていたそうです。

先天性の障がいを持っているにもかかわらず、器用にいろいろなことをこなし周りよりも優れていたことも多かったそうですよ!

実際左足首を曲げられないにもかかわらず、水泳、スキー、球技などの経験があるそうです。

そのおかげでなんでもチャレンジしてみる、がんばってみる、ご自身が障がいを持っているという自覚もなかったそうです。

素敵なご両親のもとで育った岩渕幸洋さん、笑顔も素敵ですし明るい!そんな素敵なお人柄で応援したくなってしまいますね!

 

岩渕幸洋さんのまとめ

 

岩渕幸洋さんについて調べてみました!

リオのパラリンピックではまだあまり注目されていなかったこともあって情報が少なかったのですが調べてみると魅力的で素敵なお人柄であることがわかりました!

これからも活躍を期待して応援していきたいと思います。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!