上地結衣の小学校はどこ?学歴・経歴や年収についても!【車いすテニス】

東京パラリンピック2020で、車いすテニス女子シングルス・ダブルスに出場している上地結衣(かみじゆい)という選手がいらっしゃいます。

世界ランキングはなんと2位!
しかも20歳の時に最年少年間グランドスラムというギネス記録も持っていらっしゃるのです。

すごいですよね!

今回の東京パラリンピック2020でも、決勝に進んでいてメダル確実!!

小学校から車いすテニスを始めたという上地結衣さん選手ですが、いったいどのような道をたどってきたのでしょうか?

今回は、「上地結衣の小学校はどこ?学歴・経歴や年収についても!【車いすテニス】」と題しまして、

*上地結衣の小学校はどこ?
*上地結衣の学歴や経歴について
*上地結衣の年収について

このテーマでお届けしてまいります。
それでは早速いってみましょう!!

上地結衣の小学校はどこ?

上地結衣選手は賞小学校の頃からテニスを始めたとのことですが、どこの小学校に通っていたのでしょうか?

プロフィールから見ていきたいと思います。

上地結衣プロフィール

  • 名前:上地結衣(かみじゆい)
  • 出身地:兵庫県明石市
  • 生年月日:1994年4月24日
  • 年齢:27歳(2021年8月現在)
  • 身長:143cm
  • 利き手:左
  • 所属:三井住友銀行

上地結衣選手の小学校は現在のところ、公表されていないようです。

上地結衣の中学校は?

それでは上地結衣選手は、どこの中学校を出ているのでしょうか?

上地選手は地元の「明石市立大久保中学校」出身のようです。

ということは、小学校も地元の小学校かもしれませんね。

学区から考えると、

明石市立大久保小学校
・明石市立大久保南小学校
・明石市立谷八木小学校

の3つが挙げられるようです。

おそらく上地結衣選手は、上記のいずれかの小学校に通っていたといえるかと思います。

上地結衣の学歴や経歴について

上地結衣選手は地元の小学校・中学校を卒業されました。

高校は、明石市立明石商業高校を卒業しているようです。

上地結衣選手は、生まれつきの先天性の潜在性二分脊椎症です。

小さい頃は装具をつけて歩くことはできていましたが、だんだんと歩行ができなくなってしまったようです。

身体を動かすことが好きな活発な少女だった上地選手は、小学4年の終わり頃から、車いすバスケットボールを始めました。

スポーツをやっていると前向きになれるとも話しています。

きっとポジティブに考えることができる方なのでしょうね!

始めはバスケットボールを始めた上地選手ですが、そのバスケットボールチームのお友達のご縁で11歳彩から車いすテニスを始めたそうです。

上地結衣選手の経歴・世界ランキング

上地結衣選手は、11歳で始めた車いすテニスを始めました。

そして、テニスを始めてから3年後の14歳の時、「日本車いすテニス選手権大会」に史上最年少で優勝したことで、日本ランキング1位にかがやきました!

すばらしいですね!

上地結衣の年収について

車いすテニスでの賞金は、通常のテニスと比べるとかなり低いようです。

通常のテニスだと、よく○○億!という声を聞きますが、車いすだとそんなにはいかないようですね。

全仏オープンのシングルスの優勝賞金は30万円。
全英オープンでも400万円だそうです。

なので、上地選手にはいくつもスポンサーがついているようですよ。

まとめ

今回は、「上地結衣の小学校はどこ?学歴・経歴や年収についても!【車いすテニス】」と題しまして、東京パラリンピック2020の車いすテニスで決勝に進んでいる「上地結衣」選手について、調査してまいりました。

上地結衣選手は、11歳の時に始めたテニスで3年後に日本ランキング1位を獲得。

その後もメキメキと成長され、現在は世界ランキング2位!

これからのご活躍が楽しみです!

最新情報をチェックしよう!